地域助け合い支援センター | たすけあい高島
住民同士のたすけあいのあるあたたかいまちになればという思いで、有償ボランティアという形により、助けてほしい人とお手伝いできる人を結び付けます。
たすけあい高島とは?
たすけあい高島
アンダーライン
行政に頼るだけでなく、住民同士のたすけあいのあるあたたかいまちになればという思いで、有償ボランティアという形により、助けてほしい人とお手伝いできる人を結び付けます。

「困った時はお互い様」、生活の中の困りごとを会員同士で助け合う相互扶助活動です。
ファミリーサポートセンター たすけあい高島の画像
活動のしくみ
アンダーライン
活動のしくみ
地域助け合い支援センター(仮称)設置事業計画
アンダーライン
趣旨
少子高齢化にともなう独居高齢者や高齢者のみの世帯の増加による様々な生活課題を解決するために、地域の人々と協働しながら住民同士の助け合い活動(有償ボランティア)を行う住民グループを作り、援助を必要とする人と援助できる人とをコーディネートし、生活の支援を行い、住民同士が支え合っている安心して暮らせる地域づくりを展開します。

■地域助け合い支援センターの設置

 サポーター養成講座開催
 困りごと相談受付
 助け合い活動のコーディネート、直接援助
 関係機関との連携づくり

■地域交流事業

 集いの場(サロン活動)
 地域での活動に参加協力
地域助け合い支援センター(たすけあい高島)年表
アンダーライン
年月 活動・実施計画
平成15年8月 法人設立
たすけあい事業の構想
平成21年4月 高島市に提案(緊急雇用対策)
事業実施場所の調整、確定
平成21年9月 高島市と委託契約
平成21年10月 「運営委員会」設置
平成21年11月 職員(コーディネーター)採用
平成22年2月 大阪阿倍野NPO法人エフ・エー視察
平成22年4月 名称・しくみの決定(22年7月オープン予定)
平成22年5月 第1回目の活動
要望により繰り上げてオープン
平成23年8月 『平成24年度高島市協働提案事業』申請
平成24年3月 緊急雇用事業の終了
平成24年度 『平成24年度高島市協働提案事業』で実施
平成25年3月 協働提案事業の終了
平成25年度 『ファミリーサポートセンター事業』補助開始
平成26年10月 新旭駅西ショッピングセンター「エスパ」内に移転
「縁側エスパ」開始
たすけあい高島 運営委員会
アンダーライン
関係機関や住民の方にも入ってもらい、意見を聞かせてもらうため運営委員会等を設置

・高島市地域包括支援センター
・高島市社会福祉協議会
・介護支援専門員
・成年後見人(社会福祉士)
・民生委員
・健康推進委員
・住民福祉協議会メンバー
・NPO法人元気な仲間

たすけあい高島 運営委員会の画像

 

たかしま市民協働交流センターや、新旭地域まちづくり拠点等に集う各種団体、高島市社会福祉協議会、高島市関係課その他関係団体との連携、民生委員等地域との連携。
活動件数・活動時間(3年間の推移)
アンダーライン

平成22年度

件数 時間
4月    
5月 1 1
6月 29 32.5
7月 20 25.5
8月 29 43.5
9月 19 50.5
10月 16 33
11月 10 18
12月 20 29.5
1月 14 22
2月 21 28
3月 44 86.5
合計 223 370

平成23年度

件数 時間
4月 38 70.5
5月 51 94.0
6月 47 93.5
7月 64 152.0
8月 70 183.5
9月 64 142.0
10月 77 150.5
11月 65 135.5
12月 82 145.5
1月 3 110.0
2月 76 134.0
3月 80 150.5
合計 767 1561.5

平成24年度

件数 時間
4月 78 138.0
5月 80 133.0
6月 79 116.0
7月 112 164.0
8月 117 214.0
9月 90 111.5
10月 121 153.0
11月 102 131.0
12月 120 180.0
1月 102 170.0
2月 101 127.5
3月 111 158.0
合計 1213 1796.0
たすけあい高島 活動件数・会員数
アンダーライン
前年度までの活動件数
前年度までの活動件数
※平成26年度にショッピングセンター内に移転

よろしく会員 243名、 まかせて会員 215名
(年代は高齢者が多く、だいたい60~70代の会員が、70~80代の会員の支援をしている)
活動のしくみ
アンダーライン
1位 掃除  毎週全体的な室内清掃や、月1~2回水回りを重点的になど。

2位 調理  購入してきた食材調理。宅配食材の調理。
たすけあい高島 活動内容の画像

3位 傾聴・見守り  お話し相手をしたり、様子を見守りながら調理や掃除などを行います。

4位 草刈り・庭木の剪定

5位 買物
たすけあい高島 活動内容の画像

6位 入院時洗濯・買物

7位 屋内・屋外片付け

8位 日曜大工

9位 余暇付添い  音楽鑑賞や外食・散歩など趣味の外出時に付き添う。

10位 通院付添い
たすけあい高島 活動内容の割合
アンダーライン
たすけあい高島の活動内容の割合
よろしく会員の紹介元、情報入手先
アンダーライン
・介護支援専門員
・高島市地域包括支援センター
・元気な仲間・たすけあい高島会員
・保健センター
・障がい者相談支援センター
・介護保険事業所
・子育て支援関係
・住民
会員さんの声
アンダーライン
よろしく会員さん
  • 会員さんが、よく動いてくださって大変満足しています。趣味のあった人を選んでくださるので、とても楽しく話しながらでき、頼みやすかった。
  • 年寄りにはごみの分別は難しいので助かります。
  • ヘルパーさんにはしてもらえない事を、していただけるのでありがたいです。
よろしく会員さん画像
よろしく会員さん
  • ただありがたく助かるなー。入院中の付添から買い物、役所への手紙、通院介助など、いろんな所で手を貸してもらえるということが、心の支えになっています。
  • 毎日作ってもらえて助かります。作ってもらっている間、話し相手にもなってもらえて、言うことない。
  • この活動がなければ仕事で高島にこれなかったのでうれしいです。
  • 産後一ヶ月で職場に復帰できました。本当のおばあちゃんのように見ていただき、安心して預けられ感謝しています。

よろしく会員さん画像

 

まかせて会員さん
  • 人と接することを待っておられる方ばかりなので話をすると、とても喜んでおられた。人間関係が大事と思った。
  • 高齢者の見守りは信頼関係がないと難しいと感じたが、今後も機会があればお手伝いをしたい。
  • 家族の協力もあり充実した活動が出来ています。
  • よろしく会員さんにお礼を言われると、うれしくまた活動のお手伝いをしたいと思えます。
まかせて会員さん画像
まかせて会員さん
  • 利用される方に喜んでいただくことが一番の喜びで、それで少しお金ももらえているので一石二鳥です。これからも、時間の都合がつくかぎり、どんどん協力させていただきます。
  • 高齢者ばかりの町内で生活しています。託児の活動では、赤ちゃんの声はとても新鮮で、一週間ごとにその成長が確認できて楽しく活動させていただきました。
まかせて会員さん画像
まかせて会員さん
  • ご近所の方が、認知症の母の見守りをサポートするのに「たすけあい高島」を利用しようと入会を勧めてくれました。母が家で一人になる時間に、話し相手になってもらったり、歌を一緒にうたってもらったりして見守りをお願いしています。安心して仕事に出ることができていますし、何より母の孤独感からくる不安が減り、笑顔が増えました。自分から「たすけてください」とはなかなか言えないものです。でも、こころよく手助けしてくれる人は必ずいます。思い切ってSOSを出してみてください。

会員さん画像

 

 

 

住民主体による地域のたすけあい事例の画像
新旭地区ボランティアセンター
アンダーライン
たすけあい高島に相談
   ↓
内容によって地区ボランティアセンターに連絡
新旭地区ボランティアセンター画像
地域助け合い支援センターたすけあい高島
〒520-1501
滋賀県高島市新旭町旭1-8-5
TEL:0740-33-7805 FAX:0740-33-7806
Copyright(C)2017 たすけあい高島. All Rights Reserved